お米と食事バランスの取り方

野菜

最近、朝は食べずにお昼は麺もの。夜は外食で済ましてしまう。
そして休日は朝昼兼用、もしくは夕方まで何も食べない、、

そんなバランス以前の問題として考えられる食事を
している若い方が増えているようです。
 
バランスのある食事をするために野菜ジュースやカロリー食品など
テレビCMの影響もあってそういった簡単なもので済ませてしまう場合もあるようです。。
 
これらの食品が一概に悪いわけではなく、不足しがちな栄養を補う意味も込めた
摂取であれば問題はないのですが、これらが主食となってしまうのは
少し違うのではないかと考えます。
 
農林水産省によるバランスの良い食事とは
  1.  主食(ごはん、パン、麺類などの炭水化物)
  2.  副菜(野菜やキノコ、海藻や根菜)
  3.  主菜(肉、魚、大豆など)
  4.  乳製品
  5.  果物
であり、主菜・副菜をメインにしつつ主菜を続いて考え、
乳製品や果物はサブ的な要素で考えてバランスを整えるのが良いとされています。
 
ちゃんと3食食べている方でも、主菜が一番多くて副菜が少ない(もしくは無い)と、
バランスは非常に悪くなってはいないでしょうか?
 
また、主食である炭水化物はダイエットをする方が控える傾向にありますが、
極端に控えたりするのはバランスとして非常におかしな状態。
 
適度な運動と適量の食事で健康的な身体を作ることが一番です。