証拠やドライブシーンを保存する方法

保存

お米の保存方法ばかり記事にしていましが、
今回は保存は証拠保存について取り上げてみたいと思います。

最近、事故を起こした時の証拠用やドライブシーンの撮影用に
ドライブレコーダーを付けている車をみかけるようになりました。

レコーダーの性能によると思いますが、
常に録画し続けて古いデータから消しているため、
事故が起こった(車に衝撃があった瞬間)の前後の録画データを
残しておくことができるそうです。
 
また、海辺のドライブなど快適なドライブシーンの
車窓の風景を撮影するのに小型カメラをお使いになるケースもありますね。
 
小型カメラとは、スパイもビックリの本当に小さなカメラで、
ペンタイプのカメラや腕時計 カメラから、
ハンガーフックがカメラになっていたり、置き時計 カメラまであるそうです。
 
車載用のタイプは車から電源を取ることもできるようで、
電池の心配も不要。窓に吸盤でくっつけて、
録画時だけ設置することもできるなかなか便利なアイテムだそうです。
 
車から出しても電池が付いているので普通のカメラとしても使えて、
画質のほどはデジカメなどと比べれば劣るかも知れませんが、
車以外でも上手く設置できればツーリングの撮影などが出来るかもしれませんね!